『 花粉症の方へアレルギー検査・治療 』のお話。 | 白金 いびき・内科 クリニックブログ

白金 いびき・内科 クリニック

サイトTOPに戻る

『 花粉症の方へアレルギー検査・治療 』のお話。

白金いびき・内科クリニック 院長の内田 晃司(うちだ こうじ)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、『 花粉症の方へアレルギー検査・治療 』について、お話させて頂きます。

 

 

鼻水や眼・皮膚の痒みなどのアレルギー症状はつらいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年2月になるとスギ・ヒノキの花粉が本格的に飛散する時期となり、鼻水や眼・皮膚の痒みが出てしまい花粉症の方には5月末までつらい時期となります。花粉症・蕁麻疹・気管支喘息・咳喘息・食物アレルギーは、いずれもアレルギー疾患であり、近年患者さん数が増加しているとされています。これらの花粉症を含めたアレルギー疾患の原因を調べる検査はどのようなものかを「大人向け」と「お子様向け」に分けて説明させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人の方には、春・秋の花粉を含めた日常生活で接する事が多い36項目のアレルギー物質に対して、アレルギー反応があるかどうかを調べるMAST36(マスト36)というアレルギー検査を行っております。

 

 

36項目のアレルギー物質の種類は以下となります。

<室内> 4種:ハウスダスト・コナヒョウヒダニ・イヌ皮屑・ネコ皮屑
<花粉> 8種:スギ・ヒノキ・ハンノキ・オオアワガエリ・カモガヤ・シラカンバ・ブタクサ・ヨモギ
<カビ> 3種:カンジダ・アスペルギルス・アルテリナリア
<ゴム> 1種:ラテックス
<食物> 20種類:牛乳・小麦・そば・米・大豆・卵・オボムコイド・ピーナッツ・エビ・カニ・ゴマ・牛肉・豚肉・鶏肉・マグロ・サケ・バナナ・キウイ・モモ・トマト

 

 

 

検査方法は、採血を1本(2ml程です)させて頂き、1週間後に結果報告となります。費用は3割負担で5100円程かかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様には、痛みが少なく指先のわずかな血液だけで行える、春・秋の花粉を含めたアレルギー検査(イムノキャップラピッド)を行います。

 

 

検査するアレルギー物質は8項目で以下となります。

<花粉> 4種:スギ・カモガヤ・ブタクサ・ヨモギ
<室内> 4種:ヤケヒョウダニ・ゴキブリ・イヌ・ネコ

 

 

 

方法は指先を非常に細い飛び出し式の針で小さな傷をつけ、血液を3滴絞り出し検査を行います。痛みは非常に少ないです。その場で20分で結果が出ます。この検査は1歳から大人の方まで行えます。費用は3割負担の方ですと3100円程かかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症の治療の第一は、原因物質からの回避です。と言っても花粉やハウスダストなどは完全回避は不可能ですので、マスクや眼鏡などでも症状が残っている方には、抗アレルギー剤の内服・点眼・点鼻を行う事を勧めます。抗アレルギー剤には副作用として眠気が出る事がありますが、最近ではほとんど眠気の出ない薬剤も発売されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症などで症状がつらい方やアレルギー疾患で原因検索をされた事は、一度拝見させて下さい。

 

鼻水や眼・皮膚の痒みを抑えて快適な生活を送りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、本日は『 花粉症の方へアレルギー検査・治療 』について、お話させて頂きました。